業界直結「インターンシップ」で希望の就職へ!!

インターンシップは、アパレル、インテリア、メイク、美容師分野など、希望の業種・職種に関連する企業で実務研修を行います。
このたび実施した「インターンシップⅠ」では、就職活動を控えた卒業前年次学生が、就業体験を通して、業界・職種について理解を深めるだけでなく、社会人としての意識を高める機会となりました。
  
   
  
さらに卒業年次には、「インターンシップⅡ」として、内定先企業や内定先関連企業で入社前研修や、人材募集中企業で就職を前提とした受験研修を実施します。
モード学園学園は、インターンシップをはじめ独自の就職支援システムで、学生ひとり一人のプロ就職を実現させます。

学園生がデザインした、中日ドラゴンズ公式チアリーダー「チアドラゴンズ」2012ユニフォームが、ナゴヤドームでお披露目されました。

中日ドラゴンズとの産学連携として、中日ドラゴンズ公式チアリーダー「チアドラゴンズ」2012年シーズン用ユニフォームを、本学園生がデザインしました。先日、ナゴヤドームでお披露目され、ユニフォームデザインに採用された、ファッションデザイン学科の宮島侑希さんに、株式会社中日ドラゴンズ寺西秀人ファンサービス部長より、最優秀賞として副賞10万円と記念トロフィーが授与されました。

今回で3シーズン連続となる本プロジェクトは、ファッションデザイン学科、ファッションデザイン学科 高度専門士コース、ファッション技術学科の学生が、「チアドラゴンズ」シーズン用ユニフォームを企画デザインする取り組みです。学生が制作した多数のデザインの中から、ドラゴンズ球団職員の方々が5作品を選出。5作品の中から、中日ドラゴンズホームページのネット投票により、最優秀作品が決定しました。

 最優秀賞[副賞10万円&記念トロフィー]
ファッションデザイン学科 宮島侑希

キュートな勝負師をテーマに、カジノのディーラーとバニーガールの衣装からヒントを得てデザインしました。新監督体制になるので、チアドラ衣装でも新しい風を入れたく、思い切った配色にしました。
昨シーズン、球団初の2連覇を達成したドラゴンズ。今年も本学園生がデザインしたユニフォームを着用したチアドラゴンズの応援で、日本一を目指します。ぜひ、ナゴヤドームやTV中継などでご覧ください。

進級制作展「MEW(モード・イベント・ウィーク)」JICA中部との官学連携ケーススタディで“世界はひとつ!~目指せフェアトレード~”をテーマに作品制作。

毎年2月に開催する進級制作展「MEW(モード・イベント・ウィーク)」は、最高学年生を除く学生が、作品展示などを行う学内イベントです。
今年は、昨年に引き続き、開発途上国への技術協力などを行う「JICA(国際協力機構)中部」との官学連携ケーススタディとして、“世界はひとつ!~目指せフェアトレード~”がテーマ。昨年11月に実施した、JICA講師によるフェアトレード(公平貿易)などの開発途上国の問題に関する講義を参考に、作品制作に励みました。
当日は、ファッション、雑貨、インテリア家具などのオリジナリティーあふれた作品展示やプレゼンテーションのほか、ヘアメイクショー、スタイリングショーが行われました。今回の取り組みもプロに通じる専門知識だけでなく、国際情勢に対する知識も深めるものとなりました。

卒業生 ファッションデザイナー ミキ・ミアリ氏が特別講義をおこないました!

先日、パリ在住で世界的に活躍している本学園卒業生のミキ・ミアリ氏の特別講義が行われました。

ミキさんのアトリエでのデザインワークを追ったショートムービーから始まり、新作のファッションショー、実物をもとに、一点一点デザインから素材、パターンのしくみなどを紹介。
また、直接作品に触れて欲しいとの意向で、学生たちは作品を手に取りクリエイションの高さを実感していました。学生たちにとって大変貴重な講義となりました。


学内イベント ファースト・デザイン・コンテスト!


先日、ファッションデザイン学科・ファッション技術学科による学内イベント 「FDC(ファースト・デザイン・コンテスト)」が行なわれました。
テーマは「コマーシャルを着よう!」。テレビでおなじみのコマーシャルをテーマに、グループ毎にファッションショー形式で作品を発表しました。進行・音楽・照明・映像などの演出も学生たちが手掛け、ファッションショーを彩る映像と音楽は、HAL名古屋の学生が制作しました。テレビ画面から飛び出てきたような演出に、今年も大盛況のイベントとなりました。