☆1年生ファッションショー☆裏側篇☆

こんにちは
ファッションデザイン学科
高度専門士コース1年の
森岡祐衣です
前回紹介したエプロンショー
裏側をご紹介しますっつ
本番当日、キューバを
テーマにしたグループは
海賊 をイメージした演出で、
なんと
特殊メイクに挑戦
モード基礎学科
メイク・ビューティ専攻の
一年生に協力頂きました

すごいクオリティ
びっくり
FH6.jpg
FH7.jpg
FH1.jpg
ショー本番では、
キューバのグループが
登場した瞬間
ドッか〜んと爆笑が。。。(笑)
FH2.jpg
FH4.jpg
ファッションショーでは
衣装制作だけでなく、
ショーで使用する小物も
準備しますっ
ジャマイカは警察という設定で
銃や警棒を用意
FH5.jpg
エジプトはマジシャンという設定で
トランプと赤いバラをチョイス
FH3.jpg
衣装だけではなく、演出や小物など
自分たちで考え表現できたと実感
これから、もっと高いレベル
を目指し、頑張り続けます
そして、
このブログでも随時紹介しますので、
是非、みなんさご期待くださ〜い
以上、裏側篇でした〜

☆1年生ファッションショー紹介☆

みなさん、こんにちは
ファッションデザイン学科
高度専門士コース1年生の
森岡祐衣です
先日、学内イベントで、
私たち1学年の
ファッションショー
が行われました
国旗をテーマとしたエプロン
のショーの様子と
結果をアップしま〜す
実は、私が過去に作品制作中
の記事をアップしました
以前アップの記事は >>> コチラ
その作品が完成し、いよいよ
本番を迎えることとなりました
本番当日は、審査会が行われ
先生方や、2年生の先輩方に審査
していただきました
一人一人が自分の作品を着て歩き、
審査チェックが進んでいきます
自分の作品を着て歩くのは
とても緊・張
でもみんな、自分の制作した作品に
自信を持っていたので
胸を張ってウォーキング
できました
そして、審査後はついに
ファッションショーSTART
保護者の方々や、
友達など見学にお越しになり
非常に盛り上がりました
始めてのコンテスト、
始めてのグループ活動、
始めてのことだらけで
いろんな思いが入り混じった
ファッションショーでした
VF7.jpg
VF6.jpg
そして結果発表
〈個人賞〉
MEW個人写真
〈グループ賞〉
銅賞 キューバ
VF5.jpg
銀賞 ドイツ・エジプト
VF4.jpg
VF1.jpg
そして栄えある
金賞に輝いたのは
ジャマイカ
VF3.jpg
受賞されたみなさん
おめでとうございます
1学年のみんな、
本当にお疲れ様でした
グループで支え合い、時には
喧嘩したこともありました。
でも一人一人が諦めず
賞を取ること
だけを考え、がんばってきました
私のクラス、
ファッションデザイン
学科高度専門士コース
の全3グループみんなが
他のグループには負けたくない
という強く熱い
気持ちがありました
クラスのみんながいい仲間であり、
1番のライバル
クラスで気持ちを高め合い、
3グループクラス全員が受賞
することができました
VF2.jpg
制作する中で、壁にぶつかったことも
たくさんありました・・・
そんな時多くの先輩方に
相談に乗ってもらい、
多くの先生方にアドバイス
をいただきました
本当にありがとうございました
この気持ちを忘れず、
来年も、再来年も、
先輩方の素晴らしい
作品を超える勢いで頑張ります
さて次回は、ショーの裏側を紹介
是非ご期待くださいね

☆ファッションビジネス学科を紹介☆

みなさん、こんにちは。
ファッションビジネス学科
西岡健斗です
kento.jpg
今日は、私が日々学んでいる
ファッションビジネス学科の
授業をご紹介します
アパレルのお店にとって欠かせない
商品陳列である
”ディスプレイ技法”
こちらは実際店頭に並んでる
商品の構成などを学ぶ科目です。
b2.jpg
b1
綺麗に陳列されてて
良い感じですよね〜
ディスプレイと言えば
他にも手法があります
それが
”ピンワーク”
b3.jpg
こちらは1枚のサテンの布を
不規則にピン留めして
ドレープ感を出し、
綺麗な形を作る
というものです。
ウインドーディスプレイ
などでよく使われる技法です。
以上、ディスプレイの内容を
簡単にご紹介しました
しかし
ビジネス学科といえばやっぱり
”接客”
ですよね
リテイリングルームと呼ばれる、
実際の店舗のようなレアアウトで
非常に整った教室で、
学生同士がお客さん役と
販売員役を務め、
接客をする
ロールプレイングの授業です
facilities_12.jpg
アプローチの難しさや、
どうすればお客さんに喜んで頂けるか、
など考えながらロープレをします
以上、特徴敵な一部
を紹介しましたが、
ビジネス学科ならでは
の科目です。
ファッションビジネスの勉強をすると、
実際のお店に行くのがよりいっそう
楽しくなりますよ〜
以上、ファッションビジネス学科の
紹介でした〜

☆学内コンテス☆FDCレポート☆表彰式☆

みなさん、こんにちは
最終回となるFDC表彰式篇
またまた
ファッションデザイン学科2年
福留 瑞葵
が最後までレポートします。
私、最後にスゴい事に
なっちゃいます
いよいよ緊張の
表彰式
表彰式はほんっとに
どきどきどきどき……….
ドラムロールが長い長い!笑
心臓が飛び出てしまいそうなほど
みんなどきどき。。
そして結果発表〜〜
まずは、学長賞の
谷まさる賞
ダカダカダカダカ
ダカダカダカダカ
ダカダカ、、、、
ダンッッッッ
エントリーNo.2 Meiji
山崎 莉沙 さん
DSC_0754_201502211416569a4.jpg
学長賞
素晴らしい
とても可愛くって
Meijiのチョコレート感
とてもでていますよね
縫製もシルエットも
アイロンの当て方も
とても綺麗でした
続いて、学生個人の上位得点者
金の卵賞
が発表されていきます
DSC_0727.jpg
DSC_0736.jpg
DSC_0749.jpg
DSC_0756.jpg
いよいよ
金の卵賞第1位
発表です
エントリーNo.・・・・8
福留 瑞葵
福留作品
なんとっ
私が
とりましたーーーーーっつ
DSC_0772.jpg
もう言葉にできません
号泣号泣でした。。。
DSC_0792.jpg
シルエットを完璧にしたくて、
トワルを何回も組み直し・修正し、
先が見えなくなってやめたくなった
こともありました・・・
けれども、モデルさんやグループの
みんなや先生の協力があったから、
そして、クラスの皆の頑張りを見て
頑張らなければ
と気合が入り、自分を追い込むことが
できたから第1位がとれたのだと
思いました。
image12.jpg
そして最後の賞、、、
グループ金賞は
ダカダカダカダカダカ
ダカダカダカダカダカ、、、、
ダカダカダカダカダカ
ダカダカダカダカダカ、、、、
ダンッッッ
エントリーNo. 2 Meiji
G1
Meijiは抜群に綺麗でした
統一感もありつつ、一人一人変化しつつの
有機的統一がしっかりできていて
とても素晴らしかったです
DSC_0803.jpg
DSC_0819.jpg
その他のグループも
とても素晴らしくて
一人一人の個性を
出すことができたFDC。
みんなすごかったです
みなさん
ほんとうにお疲れ様でした
集合
みんなで頑張ってきたこの製作期間が
終わってしまったのは寂しい気がします。
ばたばたと、とても忙しい日々でしたが、
それさえも充実してると思えるほど
楽しかった
頑張って本当によかったです
3年生に上がるとまた
次のコンテストが始まります
これからもみんなでスキルを
上げながら頑張っていきたいです
これにてFDCレポートは
終了致します
長い記事、読んでくださって
ありがとうございました

☆学内コンテス☆FDCレポート☆Part2☆

みなさん、こんにちは〜
前回Part1に続いてのFDC本編篇
Part2では、
ファッションショーを紹介
またまた
ファッションデザイン学科2年
福留 瑞葵
がレポートします
私たち2年生のみんなが
努力を重ね、作り上げた作品が
いよいよ
ファッションショーで
発表する時が来ました
ショーは2部制になっており、
まず第1部では本学園学長、及び
各先生方と先輩方に作品審査を
していただきます
この審査で結果が決まってしまうので、
みんな、どっきどき
FDC13.jpg
苦労して創った自分の作品が、
舞台に上がったときの緊張は
ハンパないですね〜〜
審査2
モデルさんが審査番号の書かれた
カードをもって、ウォーキング
審査員の方が、点数をつけ審査が
進行していきます
そして、第2部、
ショー本番スタート
第2部は第1部と違って、
先輩方や後輩、保護者の皆様
友人・知人などたくさんの方々
をお招きしてのショーとなりました
DSC_0300.jpg
DSC_0344.jpg
DSC_0264.jpg
DSC_0405.jpg
DSC_0351.jpg
2部の最後に審査結果発表があり、
それまでは、みんな結果を
知ることができないため、
いろんな気持ちが入り混じり
どきどき(笑)
制作と並行してショーの
構成をしっかり考え練習
音楽や照明を使って
グループらしさを表現
構成、音楽、照明、モデルさんの
ポージングや見せ方の力で、
衣装が何倍も美しく綺麗に
見応えのあるショーとなりました
DSC_0438.jpg
DSC_0503.jpg
DSC_0572.jpg
DSC_0555.jpg
DSC_0626.jpg
DSC_0645.jpg
では次回、いよいよFDC最終回
ドキドキ審査結果を大発表
是非、お楽しみに